相傳極上 小倉・練・挽茶 3棹入

極上の材料を吟味して作り上げた伝統の逸品

商品説明を見る

¥9,396 (税抜¥8,700)

商品コード:156

その他の種類を見る

相傳極上 練羊羹
¥2,916 (税抜¥2,700)
相傳極上 小倉羊羹
¥2,916 (税抜¥2,700)
相傳極上 挽茶羊羹
¥2,916 (税抜¥2,700)
相傳極上 小倉・練 2棹入
¥6,264 (税抜¥5,800)
のし・包装・手提げ袋
のし包装を希望する

※最初に「のし・包装について」を確認ください。

包装のみ希望する

※最初に「のし・包装について」を確認ください。

のし・包装 不要
手提げ袋について
手さげ袋
在庫なし

日保ち

question

製造日を起点とした未開封状態でのおおよその目安

9ヶ月
特定原材料等28品目 なし
外装寸法(縦×横×高) 23.5×22.0×5.3cm
取扱い店舗

鶴屋吉信公式オンラインショップ、京都本店、直営店、有名百貨店 ※一部取扱いのない店舗もございます。

店頭販売期間 通年販売
商品名 日保ち 個 数

相傳極上 小倉羊羹

9ヶ月

1棹

相傳極上 練羊羹

9ヶ月

1棹

相傳極上 挽茶羊羹

9ヶ月

1棹

    備中白小豆

    小豆には珍しい白色で、高級和菓子の白餡の材料として知られています。一般的な小豆や大納言に比べ、栽培が難しく収穫量も少ないため国内流通量がきわめて限られています。鶴屋吉信では白小豆の発祥とされる備中(岡山)産を使用。白小豆本来の風味を引き出し、自然で滋味深い白餡に仕立てあげます。

    手亡豆(白いんげん豆)

    「手亡(てぼう)」は「菜豆(いんげんまめ)」の一種で「白いんげん豆」と呼ばれています。聞き慣れない「手亡」の名の由来は、いんげん豆とは異なり育てるのに「手竹(てだけ)」と呼ばれる支柱がいらないからという説が。
    特徴は滑らかでねっとりとした粘り。明るく美しい白色が、和菓子を上品に飾ります。

    宇治抹茶

    日光の下で育てられる茶が煎茶になり、日陰で育てられるのが緑美しい碾茶(てんちゃ)です。この碾茶から、正真正銘の抹茶はつくられます。宇治地域は丘の上に位置し、土壌の質も良く、気温もお茶の生育に最適な地域。宇治抹茶は、日本で最も高い品質の抹茶であると言われています。

日曜日,月曜日,火曜日,水曜日,木曜日,金曜日,土曜日
1月,2月,3月,4月,5月,6月,7月,8月,9月,10月,11月,12月
十分な商品がありません。 [max]だけが残っています。