商品カテゴリー

    紅葉のお菓子特集

    秋も徐々に深まり、澄んだ空に木々が色づいてゆくころとなりました。
    古くより物語や詩に詠まれてきた京の紅葉の美しさを、鶴屋吉信伝統の技であざやかに表現いたしました。
    手にとって、眺めて、そして味わって・・・
    お菓子を通じて、京都の秋をしみじみと感じていただければ幸いです。

    • 秋襲(あきがさね)

      紅葉の”かさね”の美しさをうつす、珠玉の工芸菓。
      すきとおるこはく羹の中に、あざやかな紅葉をちらして。
      かさなる秋の色を和菓子にいたしました、雅な「工芸菓」(意匠羊羹)でございます。
      紅葉の色合わせは、秋の深まりとともにわずかに変化いたします。
      あっさりしたこはくと、味わい深い小倉羹製。

      ※ご好評につきWEBお取扱い終了いたしました。

    • つばらつばら 紅葉パッケージ

      おなじみの焼菓子が、あざやかな紅葉のよそおいに。
      しっとり、もっちりした焼き皮に自慢の小倉餡をはさんだ
      ベストセラー焼菓子「つばらつばら」が、期間限定で紅葉柄のパッケージに。
      おひとつからでも、また5個、10個とお詰め合わせされますと
      一面に秋の色がひろがる季節感たっぷりのお詰合せになります。

      *「つばらつばら抹茶」は通常パッケージになります。

      ※ご好評につき今季販売終了いたしました。

    • 京の秋

      色づく秋をあしらった、食べきりサイズの羊羹。
      吉野葛を使用したなめらかな食感の二層羊羹に、紅葉型のようかんをこめて。
      ほのかにひそませた紅茶の風味とともに、
      なごやかな秋の情景を思い浮かべながらご賞味下さいませ。
      カップに入っておりますのでお召し上がりやすく、お詰め合わせにもおすすめです。

      ※ご好評につきWEBお取扱い終了いたしました。

    選択した商品に一致する商品は見つかりませんでした。
    日曜日,月曜日,火曜日,水曜日,木曜日,金曜日,土曜日
    1月,2月,3月,4月,5月,6月,7月,8月,9月,10月,11月,12月
    十分な商品がありません。 [max]だけが残っています。